聞くだけではないラジオの楽しみ

Radio by your Side いつもラジオと一緒に

MENU

聞くだけではないラジオの楽しみ

ラジオは聞くもの、と思い込んでいないでしょうか。
昨今はあまり流行っていないかもしれませんが、以前はゲルマニウムラジオとか、子供たちは自作して楽しんでいました。
「よみがえれ!ジャンクラジオ」というサイトの方もおそらくそんな少年時代を過ごしてきたようです。
こんなふうに書いています。

 昔からラジオを聴くのが好きでした。今,家では食事のときも,何か作業をするときもラジオの音が聞こえています。

 

 いつまでだったか記憶ははっきりしないのですが,小学校低学年の頃,家にあったのは真空管式のラジオでした。家族で食事をする丸いちゃぶ台のわきの茶箪笥の一番上に大切に置かれていました。夕方に子供向けの連続ラジオドラマがあって,外で遊んでいて薄暗くなると「***が始まるよ」と呼ばれて家に入り,ドラマを聴いた後夕食だった記憶があります。そのラジオドラマが何であったのかはまったく覚えていません。内容も理解できなかったような気がします。毎日夕方呼ばれてその日の外での遊びはそれでお終いでした。夕食になるので,遊びを止めさせて子供を家に入れる口実に使われていたのかもしれません。昭和30年代前半の頃です。

 

 少し大きくなると,ラジオのメカニズムにあこがれました。中学の技術家庭の授業で組み立てたのは真空管式のラジオでしたが,そのころ初めて自分で買ったのは発売されたばかりの電子ブロックでした。早速ラジオを組んでみたのですが,家が山に囲まれた田舎だったこともあり,聞こえたのはクリスタルイヤホンからのかすかな音だけでした。

 

 高校生になって買ってもらったのがSONYのICF−500Sでした。その少し前にアマチュア無線の免許に合格していました。アマチュア無線の交信にはまったく興味が無かったのですがラジオや無線機の仕組には技術的な興味がありました。何とか短波の入るまともなラジオが欲しいという気持ちでした。技術家庭での教材用の真空管ラジオキットや電子ブロックのラジオからいきなりこのラジオだったのでとても感動しました。すごい性能(と思った)でした。BCLがブームになる以前の話です。このラジオはその後もずっとメインで使い続けていて,メーターは振れなくなってしまいましたが,今でも健在です。35年もたっていますが性能もデザインも今でも見劣りしないと思っています。

 

 大学は,工学面の人工的技術よりも自然界のメカニズムに興味を引かれ,物理に進みましたが,ラジオのメカニズムとその通信手段に対する素朴なあこがれは子供のときのままのような気がします。耳を澄まして空中に漂う電波の淡いエネルギーを拾うという感じが好きなのです。