1955年頃のラジオ受信機

Radio by your Side いつもラジオと一緒に

MENU

1955年頃のラジオ受信機

1955年頃のラジオ受信機。
5球スーパー式。
まだこの頃はFM放送が始まっていませんでした。
その時代の機種なので受信バンドは中波と短波のみでした。

1950年に「社団法人日本放送協会」が公共企業体としての「特殊法人日本放送協会」に改組され、翌1951年には9月1日朝に中部日本放送(現・CBCラジオ)、同日昼に新日本放送(現・毎日放送〔MBS〕)が、同年12月25日にはラジオ東京(現・TBSラジオ)と、民間放送も相次いで開始された。1953年にはテレビ放送も開始されたが、白米10kg680円、銭湯の入浴料15円程度だった時代にテレビ受像機の価格は20 - 30万円程度と高価で一般には買えず、ラジオが一家の主役であり続けた。

 

ラジオ受信機にしても当時は物品税が高価で、メーカー製完成品を購入するよりは秋葉原などから真空管などの部品を買い集めて自作したほうが安かったために、受信機を製作する人が多かった。彼らは「少年技師(後のラジオ少年)」とも呼ばれ、高度成長期の日本のエレクトロニクス産業の発展の基礎を作る要因の一つともなった。


ウィキペディアより

関連ページ

ソニースカイセンサー5800
ラジオと一緒にすごした青春がある。ラジオで知った喜びがある。「Radio by your Side」 いつもラジオと一緒に…。